プラゴミ観察 宮城県七ヶ浜町 表浜16

秋から冬へ、11月も半ばとなると風が冷たくなってきました。
それでも海洋プラスチックごみを拾いながら砂浜を歩いているとポカポカ。というか日差しがあると汗ばんできます。

レジンペレット
浜育ちじゃないプラスチック
なんだかスタイリッシュ
ロープやら何やら
赤いシートの切れ端
海藻や藻の中に紛れている

自然界には無い青や緑、赤色のプラスチックは、数ミリ程度の大きさでも割合簡単に見つけることができるのですが、白いプラスチックは見落とすことが多いです。
写真のように白い貝殻の破片と見分けがつきにくく、手触りもあまり差がないので拾ったものを後から確認すると貝殻だったりすることもしばしば。

プラゴミ観察 宮城県亘理郡亘理町 吉田浜1

秋晴れのとても気持ちの良い海岸。
波は穏やかでしたが、太平洋の広さを感じる懐の広い浜辺でした。

大きめのゴミの写真を掲載しました。
小さなプラスチックの破片がたくさん見られるのは七ヶ浜と一緒です。ただ、カキの養殖場からはずっと離れているので、養殖に使われる「豆管」はずっと少なくて地域差を感じます。
とにかく広い砂浜なので、見て回れたのはホンの一部だけでした。

プラゴミ観察 宮城県七ヶ浜町 表浜13

海岸についた途端に雨風が強くなり外に出られず。
車の中で昼食を取りながら30分ほど待つと太陽が出てきました。

満ち潮でした
豆管はたくさん見つかります
正体不明のプラスチック
保冷材のパッケージらしい
これはガラス瓶でしょうか
漁具のロープ
ギンカクラゲ

タイヤの表面に色の付いた線(識線)がついている未使用らしいタイヤが漂着していました。製造表示を見ると2011年の第8週(2月)の生産となっています。
つい最近新聞で報道された漂着タイヤと同じものだと思います。

「蒲生干潟にタイヤ散乱 津波で流された仙台港のコンテナから漂着か」
https://kahoku.news/articles/20211018khn000036.html